中古の不動産を売却する際には、様々な書類が必要になります。不動産会社に依頼できる書類もありますが、多くは市役所などに出向き、自身で準備することになります。

こちらでは、不動産売却の際に必要な書類やその取得方法についてご紹介いたします。明石近郊で不動産売却をお考えの方は、株式会社ヒロリアルエステートへぜひ査定をご依頼ください。

不動産売却の際に必要な書類やその取得方法

Documents required

不動産売却時には、マンション・戸建て問わず様々な書類が必要です。

いざというときに困らないよう、余裕を持ってご準備いただくことをおすすめします。

こちらでは、主な必要書類や取得先についてご紹介いたします。

必ず必要になるもの

・登記済権利証

登記名義人の確認と変更のために必要です。決済時に買主に渡し、移転登記を行い所有者の変更をします。

・間取り図と測量図

買主に間取りや土地の測量結果など、物件情報を伝えるために必要です。

通常、不動産購入時に受け取っているものですが、手元にない場合は、登記所で取得できます。

・固定資産税納税通知書

負担する固定資産税の計算のために必要です。

固定資産税は、1月1日の時点で不動産を取得している人に課税されますが、売主と買主で負担割合を案分するのが一般的です。固定資産税納税通知書があれば、正しく分担することができるので、必ず用意しておきましょう。手元にない場合は、税務署で納税通知書と同じ内容が記載された、土地家屋課税台帳(名寄帳)の写しを取得することで確認できます。

・実印、印鑑証明

書類への捺印と実印の証明のため必要です。明石市役所などで取得できますが、有効期限は発行してから3カ月以内です。

取得には、印鑑登録カードか住民基本台帳カード、個人番号カード、本人確認書類が必要です。売却予定の不動産が共有名義の場合は、全員分のものが必要です。

・身分証明書

売主が本人であるか、確認するために必要です。運転免許書やパスポート、健康保険証などが有効です。

・建築確認済証、検査済証(戸建て)

物件が建築基準を満たしているかの確認に利用します。戸建て取得時に交付されているはずですが、手元にない場合は、明石市役所の建築課で台帳記載事項証明書の発行も可能です。

・地積測量図、境界確認書 (戸建て・土地)

戸建てや土地の売却時に必要です。土地の大きさや境界線の確認に利用します。

手元にない場合や情報が古すぎる場合は、トラブルを防ぐためにも測量士や土地家屋調査士に相談し、再計測することをおすすめします。

・マンションの利用規約(マンション)

駐車場の有無やペットの飼育など、マンション内のルールを確認するために必要です。通常であれば、マンション購入時に冊子で渡されていますが、手元にない場合は、マンションの管理組合に問い合わせてコピーをもらいましょう。

できるだけ用意したい書類

  • 固定資産税評価証明書
  • 住民票(不動産を登記している住所と別の場所に住んでいる場合)
  • 建築設計図書、工事記録書
  • 耐震診断報告書、アスベスト使用調査報告書
  • ローン残高証明書(ローン支払い中の場合)
  • 銀行口座書類、通帳
  • マンション購入時のパンフレット

など

明石で不動産売却なら、株式会社ヒロリアルエステートへご相談ください。必要書類や取得方法などについても、親切丁寧にご説明いたします。

明石で中古不動産の売却なら!不動産査定実績100件以上!

More than 100 real estate appraisals

不動産売却には、多くの書類が必要です。余裕を持って準備をしましょう。

手元にない書類は、市役所や登記所へ問い合わせ、取得することも可能です。

明石で不動産売却なら、株式会社ヒロリアルエステートへ査定をご依頼ください。不動産査定実績は、100件以上ございます。また、不動産経験10年以上のスタッフが親切丁寧に対応いたしますので、安心してご相談ください。中古住宅の取り扱いに関する資格も所有しております。ぜひお任せください。

コラム一覧

明石で不動産売却をお考えなら、株式会社ヒロリアルエステートへ中古物件の査定をご依頼ください

会社名 株式会社ヒロリアルエステート
住所 〒673-0866 兵庫県明石市朝霧町3丁目15-20
交通 山陽電鉄本線 大蔵谷駅 徒歩9分
山陽本線 朝霧駅 徒歩15分
営業時間 10:00-18:00
定休日 水曜日
TEL 078-912-1135
FAX 078-912-1136
メールアドレス info@hiro-realestate.com
代表者名 吉田 広樹
免許番号 兵庫県知事 (1) 第12220号
URL kobe-kaitori.net